注文と分譲の違い

注文住宅と分譲住宅についてみてみましょう

一言で新築と言っても、注文住宅、分譲住宅、マンションといろいろな選択肢があります。 新築注文住宅と新築分譲住宅のそれぞれのメリットはなんでしょうか。 まず、注文住宅のメリットは、なんといっても自分の好きな仕様にできることでしょう。値段は高くなってしまいますが、間取りや収納はもちろん床の材質、壁の色や模様、ドアも自分の好みの1枚を選ぶことができます。 分譲住宅の一番のメリットは、注文住宅に比べ、値段を安く抑えられることと、実際に住むまでに時間がかからないことでしょう。自分の自由にはできませんが、材質などにあまりこだわりのない人、自分で一から進めることに自信がない人には、間取りや立地条件などが合えば、いい選択でしょう。

比較してみましょう

新築注文住宅、新築分譲住宅について述べましたが、その他に新築マンション、中古マンション、中古住宅、賃貸住宅と住宅にもさまざまな種類があります。 最近の傾向では、中古住宅を購入してからリノベーションをするタイプも多くみられます。それではリノベーションとは何でしょうか。リノベーションとはもとからある建物に改修工事を行い、用途や機能を変更することです。リノベーションであれば、新築注文住宅とはまた違い、一から始めなくても自分の好きな仕様に変えることができます。そして価格も大幅に削減できます。そういうわけで、この価格のメリットを生かせば、手の届かなかったエリアで購入したり、もっと広い物件を購入したりすることも可能です。