入居前の確認

引っ越す前にしておく手続

新築の住宅に引っ越しをすることはこの先新しい住宅や環境での生活を想像してとても楽しみの多いことです。しかし場合によっては引っ越しを行っても満足に初日が迎えられないということもすくなくありません。 当然引っ越しすべてに言えることですが生活に必要な道具が段ボールの中にあるなどまずは段ボールの整理、という人も少なくありません。こうした引っ越しすべてに言えることだけではなく新築への引っ越しだから気を付けることもたくさんあるのです。 新しく新築を建築した場合には電気や水道はひかれていて何の問題もなく使用できる場合も少なくありません。しかし名義を工事会社から住む人に切り替えてあるのかという確認は重要です。地域の電力会社や水道局に問い合わせることで確認ができます。もちろん建築会社に確認することでも切り替えは可能です。さらにエコキュートや電気温水器はきちんとお湯がたまっているかです。お湯の量が少なければお風呂に入るなどたくさんお湯を使うことができない場合もあるのです。

新築入居の前にしておくとよいこと

新築に引っ越してくる前にしておくとよいことの一つが床のコーティングです。最近ではコーティング業者が存在し、その種類も豊富にあるなどより利用しやすくなっているのです。更に生活をしていないきれいな状態でコーティングをすることでよりきれいな状態を保つことができるのです。更に、荷物などが何も入っていない状態で施工してもらうことで余分な費用を支払わずに済むのです。このコーティングには紫外線劣化を防ぐものや物などを落としても床を傷つけないものなど様々な機能があるのです。こういった機能性はもちろん普段のお手入れをぐんと楽にしてくれるのです。もっと言えば定期的なワックス施工も不要になるなど生活をぐんと楽にしてくれるものなのです。